前へ
次へ

転職で営業求人を出した際に人柄も考える

営業求人を出して自社の条件に合う営業職を求めている場合、行動力やプレゼンテーション能力も必要となりますが、それ以上に大切にされるのが人柄です。
この人であればビジネスパートナーとして任せられるという人材ではないと、中々契約をすることができない、ということもあります。
冷酷な人だと話しかけにくいですし、近寄りがたい印象を受けてしまうと、あまりよいイメージを持てなくなります。
仕事はできても人柄に問題がある場合には、自社の評判を落とす可能性があるので、採用を避けたいと考える企業もあるでしょう。
転職をするということはスキルアップのためだったり、失業をしたからということも考えられますが、優秀な人材を求めるために営業求人を出すのであれば、実際に面接を行って人柄を知っておく、ということも必要になってきます。
転職をするということはある程度のやる気もあるはずなので、人事担当者はしっかりとした目で見ることが求められます。

Page Top